サイトインデックスOPNA辞典トップ

ミステリーゾーン

<その1>
ミステリーゾーン。不思議な物語が決して不思議ではなくなる世界。空想の力によってのみ知ることの出来る謎の世界。
では、ミステリーゾーンのお話をこのテレビでご覧下さい。

<その2>
これは別世界への旅です。目や耳や心だけの別世界ではなく、想像を絶した素晴らしい世界への旅。
あなたは今、ミステリーゾーンへ入ろうとしているのです。

(05.5.3、背川健一さんからの投稿です、ありがとうございました)

未知への逃亡者ローガンズ・ラン

世界最後の核戦争が終わって200年が経った。
地球上の生物は殆ど死滅し、生き残った人類はドーム・シティと呼ばれる社会を作り上げた。時に西暦2319年。
だが、高度に開発されたコンピューターにより、人々の生活は全て機械的に統制され、30歳の誕生日を迎えた者は全て抹殺されるシステムになっていた。
この様な圧制から逃れるため、ローガンとジェシカの二人は、聖地と呼ばれる自由の地を求め、ドーム・シティから脱出した。 それを追う冷酷な監視員フランシス。
人間そっくりのアンドロイド・レムが加わり、三人の限りない逃亡が始まった。

(05.5.15、背川健一さんからの投稿です、ありがとうございました)

ミッドナイトホラースクール

午前0時、昼間の小学校は真夜中の小学校へ姿を変える。
ここは、ミッドナイトホラースクール。教える授業は、世界の不思議を作ること。

(声:西村知道)

(08.3.29、背川健一さんからの投稿です、ありがとうございました)

密命 寒月霞斬り

<第二〜四話>
金杉惣三郎「金杉惣三郎でござる」※
斎木高玖「相楽の龍に戻り、余の密命を、果たしてくれ」

金杉惣三郎、人呼んでかなくぎ惣三。腑抜けと称された一人の男が、豊後相楽藩二万石の命運を背負い、浪々の身となった。

しの「しのと申します」
お杏「旦那」※
荒神屋喜八「火事始末御用の荒神屋喜八と申しやす」

国を捨て、家族も捨てて、非情なる密命を帯びたこの男の相棒は、殿より下されし、この一振りのみ。

金杉惣三郎「高田酔心子兵庫、頼るはそなただけ」

※第四話のみ違う台詞

<第五〜七話>
豊後の国相楽藩藩士、金杉惣三郎。かつて、相楽の龍と称された一人の男が、非情なる密命を帯びて脱藩した。
わずか二万石の小藩を陥れようとするのは、骨肉相食む分家の陰謀。

金杉惣三郎「かなくぎ惣三郎でござる」
荒神屋喜八「惣三郎さんかい」
しの「惣三郎様のご武運を」
お杏「きっと女のところね」
金杉惣三郎「清之助、みわ」
寺村重左衛門「惣三郎、これは、豊後相楽藩二万石、生きるか死ぬかの戦いぞ」

【<第七話> だが、国許に残していた清之助とみわがかどわかされ、惣三郎は窮地に追い込まれた。】
惣三郎が頼るべきは、殿より下されし高田酔心子兵庫の一振り。

(ナレーション:池田秀一 金杉惣三郎:榎木孝明 斎木高玖:夏原遼 しの:とよた真帆 お杏:安達祐実 荒神屋喜八:加藤剛 寺村重左衛門:寺田農)

港 古志郎警視

私は、港古志郎警視。警視庁目黒川分室に勤務している。直属の部下は、現在四名。二十年ほど前に、私は仕事のため急病の妻の死を見届けることもできずに失った。それ以来、一人で暮らしている。
私の心の安らぎは、仕事を終えて藤倉小夜の店、ラ・セーヌのカウンターでカシスパインを傾ける、そのひと時だけである。
小夜は、十年前に殉職した私の部下の恋人であった。私はいつしか、その小夜に想いを寄せるようになった。そして小夜は…
私は、この仕事を定年まで続けるか、その前に辞めてしまうか、まだ決めてはいない。

(声:愛川欽也)

みなみけシリーズ

この物語は、南家三姉妹の
平凡な日常を淡々と描く物です。
過度な期待はしないでください。

あと、部屋は明るくして、
TVから3メートルは離れて
見やがって下さい。

(声:茅原実里)

(07.11.18、千々和 幸俊さん、yukkeyさんからの投稿です、ありがとうございました)

みなみけ ただいま

この物語は、南家三姉妹の
平凡な日常を淡々と描く物です。
過度な期待はしないでください。

(声:茅原実里)

宮部みゆきミステリー パーフェクト・ブルー

俺の名前はマサ。元警察犬だ。

※この台詞の前後は回によって異なる
(声:船越英一郎)

ミュータントX

<第2シーズン>
私は、アダム・ケイン。遺伝子研究の先駆者だった私は、命を救うべく、人々のDNAを操作した。
しかし患者の多くは、遺伝子の突然変異を起こし……超人的な力を持つようになった。

私は今、最強の四人とチームを組んで、正義のために戦っている。
その名は、ミュータントX。

(声:中田和宏)

<第3シーズン>
科学者アダム・ケインは、遺伝子研究の先駆者だった。彼は命を救うべく、人々のDNAを操作した。
しかし、患者の多くは遺伝子の突然変異を起こし、超人的な力を持つようになった。

そして今、その中で最強の四人がチームを組み、正義のために戦っている。
その名はミュータントX。


未来警察ウラシマン

過去・現在・未来へと続く物理法則に逆らって、過去から未来へ転移することをウラシマ・エフェクトといい、 その時の影響によって超能力を身につけた者を人は、ウラシマンと呼んだ。けどねっ!

(声:神谷明)

◆次回予告
【エピソード名】をお楽しみに。
<第35話〜> 見ないと逮捕しちゃうぞ。

(次回予告の声:小林通孝)

(08.6.1、背川健一さんからの投稿です、ありがとうございました)

未来少年コナン

西暦2008年7月、人類は絶滅の危機に直面していた。
核兵器をはるかに超える超磁力兵器によって、世界の半分を一瞬にして消滅させてしまった。 地球は大地殻変動に襲われ、地軸はねじ曲がり、五つの大陸はことごとく引き裂かれ、海に沈んでしまった。

(声:伊武雅刀)

(05.3.6、背川健一さんからの投稿です、ありがとうございました)

ミラクル☆ガールズ

こちら、松永ともみ。こちら、松永みかげ。性格も趣味もまるで正反対の双子の姉妹。
世界で一番仲良しで、世界で一番不思議な双子。何故なら、二人が心を合わせると、超能力が生まれるのです。

(声:広川太一郎)

(05.2.27、背川健一さんからの投稿です、ありがとうございました)

ミラクル少女リミットちゃん

<初期>
「ウフ、あたし誰だかわかる? シーッ!あなたにだけ教えちゃうわね、あたしはサイボーグなの… でも、そんな事ちっとも気になんかしていないわ。見て! 普通の女の子でしょ? ホラッ!」

<中期以降>
「こんにちは、あたしリミット。本当はサイボーグなの。だからとっても不思議な力があるのよ。 いい? ミラクルパワー! …だけどこの事は、ひ・み・つ」

(ともに声:栗葉子)

(05.10.3、背川健一さんからの投稿です、ありがとうございました)

ミラクル☆トレイン 〜大江戸線へようこそ〜

人の数だけあると言われる都市伝説。あなたは、こんな噂をご存知ですか?
東京の地下鉄には、迷える淑女だけが乗車できる伝説の列車が走っている。
その列車の名はミラクル☆トレイン。あなたも、駅に恋しませんか。

(声:杉田智和)

(09.11.1、背川健一さんからの投稿です、ありがとうございました)
サイトインデックスOPNA辞典トップ
(以下は下段項目へのリンクの都合上空けてるだけのスペース)