サイトインデックスOPNA辞典トップ

英国一家、日本を食べる

これは、極東の国、日本を訪れた我々家族の百日間の冒険の物語。我々の目的は、寺院巡りでも、秋葉原でのショッピングでもない。我々の最重要課題、それは…日本を食べ尽くすこと。

(声:竹本英史)

(16.1.1、土左衛門さんからの投稿です、ありがとうございました)

A.D.POLICE (TVA)

ブーマとは、ゲノムコーポレーションによって開発された人造人間である。
突如として起きた大地震により、都市機能を失った東京は、彼らによってゲノムシティーとしてよみがえった。
だが、それは同時に粗悪な改造ブーマによる暴走事故や、凶悪犯罪を招く結果ともなった。
それら多様化するブーマ犯罪に対処すべく創設された組織をアドバンスド・ポリス、A.D.POLICEという。
「シークエンスN発生、A.D.POLICE出動せよ」

(声:辻親八) (セリフ部分は不明)
※第1話はセリフ部分のみ

◆次回予告
次回、A.D.POLICE、お楽しみに。あーあ、一体どこまでやばいんだか。 (声:山崎たくみ ほか)
<第11話> 最終回、A.D.POLICE、お楽しみに。 (声:千葉進歩)
あーあ、本当にやばいんだか。 (声:千葉進歩 山崎たくみ)


駅弁ひとり旅 〜東北編〜

「いってらっしゃい」
夫婦で弁当屋をはじめて10年。旅と駅弁をこよなく愛する夫、大介へのプレゼントは日本一周駅弁食べ歩き旅行だったのです。
【以下、回によって異なる】

(声:大浦冬華 台詞:加藤貴子)

X-MEN

X-MENとは、悪の驚異から人類を守り、 人類とミュータントの平和的共存を実現するために組織されたミュータントヒーローチームである。

(声:山寺宏一)

(01.3.1、葛西伸哉さんからの投稿です、ありがとうございました)
(追加情報…06.4.30、見物人さんからの投稿です、ありがとうございました)

江戸川乱歩シリーズ 明智小五郎

街を歩いていてこういうことを考えたことはありませんか?
あなたの周りはみんな見ず知らずの他人。これから何処で何をしようと誰にも気兼ねはいらない。
しかしその反面、あなたの近くにどんな人間がいるかわからない。
今、あなたの隣に恐ろしい妄執に取り付かれた殺人鬼がいるかもしれない。
いえ、脅しではありません。現代にはそんな例はいくらもあるのです。

(声:滝俊介※) ※現:溝口舜亮

(12.11.11、GT-XXさんからの投稿です、ありがとうございました)

江戸・中町奉行所

<第一シリーズ>
花のお江戸は呉服橋、悲しみ抱いて北町へ。
小雨に濡れる数寄屋橋、憎しみ下げて南町。
それでも心は晴れやせぬ。渡ってみなさい鍛冶橋を。
牢屋もなければ白砂もない、裁きは無用の中町へ。
だが、この奉行所の命わずか十七年。その記録は一切残っていない。

<第二シリーズ>
江戸の治安を守る南北両奉行所。だが世の中、白州で裁けぬ悪がいる。

水流添我童「どうせ短けえ命だ。見事に裁いてやろうじゃねえか、この中町が」

中町奉行所、しかしその命、わずか十七年であった。

(声:黒沢良 水流添我童:近藤正臣)

(05.4.3、背川健一さんからの投稿です、ありがとうございました)
(第二シリーズ…06.3.22、 土左衛門さんからの投稿です、ありがとうございました)

江戸の朝焼け

幕末、天保の初め頃でございます。八丁堀に、島佐太郎という町方同心がおりましたが、この方は島家の御養子で、実の父親は当時江戸でも指折りの岡っ引き、湊屋清兵衛でございます。
清兵衛にはもう一人、辰吉という義理の息子がおりましたが、この親子三人の水際立った活躍は、その頃、親子捕物帳として、江戸中の大評判になったものでございます。

(声:佐藤友美)

※初期は「島家の」という部分がない

(05.10.23、 土左衛門さんからの投稿です、ありがとうございました)

江戸の渦潮

当時、江戸の人口は百万を超え、世界最大の町であったといわれている。 しかし、繁栄の陰にどす黒い犯罪が渦潮(うず)を巻いていた。
その悪に、敢然と立ち向かう三人の男。 法の番人である前に、まず血の通った人であるの信念と信頼を絆に、 江戸の灯火を守る彼らの働きは、血を吐くような闘いであった!

◆次回予告
【エピソード名】にご期待下さい。

(ともに声:近藤洋介)

江戸の牙

あなた、剣精四郎を知ってますか。
大熊伝十郎を知ってますか。
金丸半兵衛を知ってますか。
間兵助を知ってますか。
橘しのを知ってますか。
朝比奈軍兵衛を知ってますか。
あなた、江戸の牙を知ってますか。

西暦1837年、当時の江戸の人口は128万4815人。ロンドンを凌ぐ世界一の過密都市であった。
この大都市の治安維持に当たる町奉行所の陣容は、南北両奉行所与力同心合わせてわずか296名。現代の警察機構とは比較にならぬ、お粗末な治安体制であった。
にも関わらず、そのわずかな陣容で世界最大の都市、江戸八百八町の平和と安全が保たれていたのは、町奉行支配の裏に影の捜査機関が暗躍していたからである。
幕閣中枢が密かに組織した特命捜査班、江戸の牙。だが、その存在はいかなる記録にも残っていない。

(声:黒沢良)

(05.4.3、背川健一さんからの投稿です、ありがとうございました)

江戸の激斗

<その1>
江戸に咲き、江戸に散るのが我等の運命(さだめ)。
たった五両に命を賭けて、修羅場を潜る遊撃隊。
明日の墓標を誰が知る。

<その2>
江戸に咲き、江戸に散るのが我等の運命(さだめ)。
たった五両に命を賭けて、修羅場を潜る壮絶、遊撃隊。
明日の墓標を誰が知る。

(声:芥川隆行)

(05.10.23、 土左衛門さんからの投稿です、ありがとうございました)

江戸の鷹

1770年代、悪政を極めた所謂田沼時代に、お鷹組と呼ばれる将軍直属の探索機関があった。
いかなる権力にも買収にも屈しない彼らを、人々は「江戸の鷹」と呼んだ!

(声:黒沢良)

(05.10.23、 土左衛門さんからの投稿です、ありがとうございました)

江戸の用心棒シリーズ

(※高橋英樹主演作の方。古谷一行主演作とは無関係)

徳川治世二百年
世は泰平と人の云う
なれど巷に悪は満ち
非道蔓延るその陰で
庶民は喘ぎ苦しみて
涙は永久に枯れもせず
かかる浮世に只一人
命を賭けてその悪を
立ち向かいたる男(おのこ)あり
その名は朝霞清三郎、人呼んで…

(声:内海賢二)

(08.7.20、 娯楽大使さんからの投稿です、ありがとうございました)

江戸の用心棒II

この世に悪が蔓延る限り、何所かで誰かが泣いている。
江戸の庶民に成り代わり、正義の剣が悪を断つ。
その名は朝霞清三郎、人呼んで…

(声:小林清志)

(08.7.20、 娯楽大使さんからの投稿です、ありがとうございました)

NG騎士ラムネ&40

ハラハラワールドでは、世界を征服しようと企むドン・ハルマゲって奴の呪いによって、妖神ゴブーリキの復活の日が近づいていた!
それを阻止するためには、「8体の守護騎士の力を集めなければならない」って言うんで、俺はミルク姫達と守護騎士探しの旅に出たんだ。
【復活した守護騎士の名前を読み上げる】 残る守護騎士は、あと【未復活の守護騎士の数】体!
俺は今、モーレツに、熱血してるっ!

◆次回予告
俺、今モーレツに熱血してるっ!!

(すべて声:草尾毅)

(12.8.5、ひでさんからの投稿です、ありがとうございました)

F.B.EYE

私はスー・トーマス、FBIの捜査官です。耳の聞こえない私は、相棒の聴導犬リーと今日も難事件の解決に向けて奮闘中です。
ああ、そうそう。私には一つ特技があるんです。それは唇を読むこと。

(声:雨蘭咲木子)

FBI特別捜査官

俺の名はニック・マンクーゾ。人呼んでFBIのローンウルフ。へそ曲がりのFBI捜査官と呼ぶ奴もいる。だが俺は国を愛し、社会正義を愛してる。
とかくこの世の中、悪事が横行し歪みっぱなしだが、降りかかる火の粉は払わねばならん。そのためにはいかなる危険だろうと圧力だろうと消して屈しない。
社会正義を守るために突っ走る。それがこの俺、FBIのローンウルフ、マンクーゾだ。

(声:石田太郎)

(05.11.13、土左衛門さんからの投稿です、ありがとうございました)

エリートヤンキー三郎

<オープニングナレーション>
<第2話〜>
極悪一家に生を受け、ヤンキーとして生きることを宿命づけられた血統書付きのサラブレッド。
この物語は、番長に祭り上げられた少年の、果てしない受難の記録である。

<エンディングナレーション>
【この部分は回ごとに異なる】 【深い / 新たな】絶望とストレスは、15歳の心と体を確実に蝕んでゆく。
この物語は、そんな哀れな少年の限界までの軌跡である。

<ラストの字幕>
三郎 限界まで
あと○もらし…

(声:杉本るみ)

(07.5.1、千々和 幸俊さんからの投稿です、ありがとうございました)

絵流田4丁目の人々

<パターンその1>
毎日毎日同じことの繰り返し。だけど、私の住む町には、楽しいことが溢れてる。ちょっと耳を傾けると、面白い会話が飛び込んでくる。そんな町に住む人たちが、私は大好きだ。

<パターンその2>
私の住む町には、楽しいことが溢れてる。そんな町に住む人たちが、私は大好きだ。

(声:後藤真希)

(07.7.17、千々和 幸俊さんからの投稿です、ありがとうございました)

エレメンタルジェレイド

空に憧れ、空に近付き、空に浮かぶ不思議な力を、ごく一部の者達が手に入れはじめた世界・ガーディア。
そこには、一つ伝説があった。空の果て、雲の彼方の天空に黄金の大地あり。
この物語は、夢を求めて自由に行き来する空の盗賊・空賊の少年クーの波乱に満ちた愛と冒険の記録である。

(声:土師孝也)

(05.10.3、背川健一さんからの投稿です、ありがとうございました)
(追加情報…07.1.1、fushiginekoさんからの投稿です、ありがとうございました)

サイトインデックスOPNA辞典トップ
(以下は下段項目へのリンクの都合上空けてるだけのスペース)