サイトインデックスOPNA辞典トップ

必殺シリーズ


必殺仕掛人

はらせぬ恨みをはらし 許せぬ人でなしを消す
いずれも人知れず 仕掛けて仕損じなし 人呼んで仕掛人
ただしこの稼業 江戸職業づくしには載っていない

<第九話>
はらせぬ恨みをはらします 許せぬ人でなしを消します
いずれも人知れず仕掛けて仕損じなし 人呼んで仕掛人
ただしこの稼業 江戸職業づくしには載っていない

(ともに声:陸五郎)

(04.8.30、浅倉又一郎さんからの投稿です、ありがとうございました)

必殺仕置人 / 新必殺仕置人

のさばる悪を何とする 天の裁きは待ってはおれぬ
この世の正義もあてにはならぬ 闇に裁いて仕置する  南無阿弥陀仏

<必殺仕置人 エンディングナレーション>
仕置。法によって処刑することを江戸時代、こう呼んだ。
しかし、ここに言う仕置人とは、法の網をくぐってはびこる悪を裁く闇の処刑人のことである。
ただし、この存在を証明する記録・古文書の類は一切残っていない。

(ともに声:芥川隆行)

(04.8.30、浅倉又一郎さんからの投稿です、ありがとうございました)
(14.5.25、野鼠小僧さんからのエンディングナレーション投稿です、ありがとうございました)

助け人走る

どこかで誰かが泣いている 誰が助けてくれようか この世は人情紙風船
耳をすませたやつは誰 泣き声目指して走る影 この世は闇の 助け人

<エンディングナレーション>
助け人の存在を証明する記録は 何も現存していない
ただ 江戸の庶民達は彼らを義賊という名で
あるいは世直しという名で 密かに語り続けた
伝えられる闇の助け人の総数 二十六人

(ともに声:山崎努)

(04.8.30、浅倉又一郎さんからの投稿です、ありがとうございました)
(14.6.8、つださんからのエンディングナレーション投稿です、ありがとうございました)

暗闇仕留人

黒船このかた泣きの涙に捨て処なく 江戸は均しく針地獄の様呈し居り候
尽きせぬこの世の怨み一切 如何様なりとも始末の儀 請け負い申し万に一つもしくじり有るまじく候
但し右の条々 闇の稼業の定め書き 口外法度の仕留人

(声:芥川隆行)

(04.8.30、浅倉又一郎さんからの投稿です、ありがとうございました)

必殺必中仕事屋稼業

金に生きるは下品に過ぎる 恋に生きるは切なすぎ 出世に生きるはくたびれる
とかくこの世は一天地六 命ぎりぎり勝負を賭ける
仕事はよろず引き受けましょう 大小遠近男女は問わず 委細面談仕事屋稼業

(声:藤田まこと)

◆次回予告
次回、必殺必中仕事屋稼業。続いて、入ります。

(01.3.1、葛西伸哉さんからの投稿です、ありがとうございました)
(次回予告…12.11.11、娯楽大使さんからの投稿です、ありがとうございました)

必殺仕置屋稼業

一筆啓上 火の用心 こんち日柄もよいようで あなたのお命もらいます
人のお命いただくからは いずれ私も地獄道
右手に刃を握っていても にわか仕込みの南無阿弥陀仏
まずはこれまで あらあらかしこ

(声:草笛光子)

(04.8.30、浅倉又一郎さんからの投稿です、ありがとうございました)

必殺仕業人

あんた、この世をどう思う? どうって事ねえか。あんたそれでも生きてんの?
この世の川を見てごらんな。石が流れて木の葉が沈む、いけねぇな。
おもしろいかい? あんた死んだふりはよそうぜ。
やっぱり木の葉はピラピラ流れてほしぃんだよ。石ころはジョボンと沈んでもらいてぇんだよ。
おいあんた聞いてんの? 聞いてんのかよ。
あら、もう死んでやがら。ハー(声ではなく吐息)、菜っ葉ばかり喰ってやがったからな。

(声:宇崎竜堂)

(01.3.1、葛西伸哉さんからの投稿です、ありがとうございました)

必殺からくり人

雨が降ったら傘をさす (声:山田五十鈴)

辛い話は胸をさす (声:芦屋雁之助)

娘十八、紅をさす (声:ジュディ・オング)

魔がさす、棹さす、将棋さす (声:森田健作)

世間の人は指をさす (声:緒形拳)

許せぬ悪に (声:山田五十鈴)

とどめ刺す (声:緒形拳)

(01.3.1、葛西伸哉さんからの投稿です、ありがとうございました)

必殺からくり人 血風編

さよならだけが人生か それなら今日(こんち)はなんなのさ
昨日勤皇 今日佐幕 昨日ほんとで今日は嘘
雨は振る振る 血の雨が 人の情けは泥まみれ 明日天気になぁれ

(声:芥川隆行)

新必殺からくり人 東海道五十三次殺し旅

人の一生は 旅に似てると言いますが本当にそうでございますね
私 安藤広重が 旅をえがきました東海道五十三次
きれいばかりで少しも人のため息が聞こえてこないとか そんなことはございません
一枚一枚に切羽詰った恨みとつらみ つまりは殺してもらいたい人間を そっと描きこんである仕掛け
お艶さん よっくご覧の上 東海道五十三次殺し旅 よろしくお願いいたします

(声:緒形拳)

江戸プロフェッショナル 必殺商売人

春には春の花が咲き 秋には秋の花が咲く
わたしの花は何の色 咲くならそっとスミレ色
目立たぬように咲きましょう 目立てば誰かが手折ります 手折られ花は怨み花
涙色した風下さい 涙色した水下さい

(声:桜田淳子)

(04.8.30、浅倉又一郎さんからの投稿です、ありがとうございました)

必殺からくり人 富嶽百景殺し旅

神や仏がいなさって 悪を罰して下さると 小さいときに聞きました
それはやさしい慰めと 大きくなって知りました
やさしさ頼りに生きてはきたが やさしさだけでは生きては行けぬ
早く来てくれ からくり人

(声:吉田日出子)

(04.9.21、山城明人さんからの投稿です、ありがとうございました)

翔べ! 必殺うらごろし

二つの眼を閉じてはならぬ この世のものとも思われぬ この世の出来事見るがいい
神の怒りか仏の慈悲か 恨みが呼んだか摩訶不思議 泣き顔見捨てておかりょうか
一太刀浴びせて一供養 二太刀浴びせて二供養 合点承知の必殺供養

(声:藤田まこと 第一話のみ:野島一郎)

<エンディングナレーション>
超自然現象。それを証明する多くの伝承が、古来より東西に渡って受け継がれている。
この一行は、これからもこのような未知の世界への旅を続けるであろう。
例え、あなたが信じようと信じまいと。

(声:野島一郎)

(01.3.1、葛西伸哉さんからの投稿です、ありがとうございました)
(エンディングナレーション…14.12.14、長妻 学さんからの投稿です、ありがとうございました)

必殺仕事人

一掛け二掛け三掛けて 仕掛けて殺して日が暮れて
橋の欄干腰下ろし 遥か向こうを眺むれば この世はつらい事ばかり
片手に線香 花を持ち おっさん おっさん何処行くの
私は必殺仕事人・中村主水と申します

「それで今日は、何処のどいつを殺ってくれと仰るんで?」

(声:芥川隆行 セリフ:藤田まこと)

(01.3.1、葛西伸哉さんからの投稿です、ありがとうございました)

必殺仕舞人

箱根八里は(ここまで歌風の言い方)馬でも越すが 越すに越されぬこの世の峠
西が曇れば涙雨 東が曇れば恨み雨
どうせこの世は生き地獄 替わってはらそう女の涙 この世の苦しみ仕舞人

(声:中条きよし)

(01.3.1、葛西伸哉さんからの投稿です、ありがとうございました)

新必殺仕事人

世の中は行くな戻るな居座るな 寝るな起きるな立つな座るな
生麦生米生卵 どじょうニョロニョロ三ニョロニョロ 合わせてニョロニョロ六ニョロニョロ
尻尾押さえりゃ頭が逃げる 頭押さえりゃ尻尾がはねる
とかくこの世は悪党ぞろい 悪人ヒョコヒョコ三ヒョコヒョコ 四ヒョコ五ヒョコ六ヒョコ七ヒョコ八ヒョコ九ヒョコ十ヒョコ
ええい面倒くせい 殺っちまえ!

(声:古今亭志ん朝)

(01.3.1、葛西伸哉さんからの投稿です、ありがとうございました)

新必殺仕舞人

今の世の中、男は女の力に負けそうです。
しかし昔、女は弱かった。破れ傷つき泣いていた。そんな時代の出来事です。
女の涙に映った怨みを晴らして歩く仕舞人一座の物語!
それでは開幕の拍子木を鳴らしましょう。お命! ご用心。

(声:高橋悦史)

(01.3.1、葛西伸哉さんからの投稿です、ありがとうございました)

必殺仕事人III

世の中の 善と悪とを比ぶれば 恥ずかしながら悪が勝つ 神も仏も無えものか
浜の真砂は尽きるとも 尽きぬ恨みの数々をはらす仕事の裏稼業
へへっ お釈迦様でも気が付くめぇ

(声:中村梅之助)

◆次回予告
時代劇は、必殺です。

(01.3.1、葛西伸哉さんからの投稿です、ありがとうございました)
(次回予告…07.3.10、娯楽大使さんからの投稿です、ありがとうございました)

必殺渡し人

昔から悪の栄えたためしはないと 世の例えには言うけれど どうやらそうではないらしい
山のあなたの国々も 悪が栄えていると言う
わからない事ばかりだが わかっている事ただ一つ 許せぬ悪を消す事だ
この世とあの世の境の場所に 舟を浮かべて待っている 三途の川の渡し人

(声:佐藤慶)

(04.9.21、山城明人さんからの投稿です、ありがとうございました)

必殺仕事人IV

近頃世間に流行るもの 押し込み強盗 高利貸 賄賂をもらう偉ぇ人
金、金、金の世の中で 泣くのは弱い者ばかり
涙を拭いておいでなせぇ 恨みを晴らす仕事人 陰膳据えて待っておりやす

(声:中村梅之助)

◆次回予告
時代劇は、必殺です。

(01.3.1、葛西伸哉さんからの投稿です、ありがとうございました)
(次回予告…07.3.10、娯楽大使さんからの投稿です、ありがとうございました)

必殺仕切人

花が咲いても 人は泣き その泣き声は蝉時雨
月は晴れても 心は闇で 逃げてさ迷う 雪の中
一年三百六十五日 鴉の泣かぬ 日はあれど 悪人笑わぬ 日とてない
恨みを断ち切る 仕切人 浮世の気晴らし なすってくだせえ

(声:市川段四郎)

(04.9.21、山城明人さんからの投稿です、ありがとうございました)

必殺仕事人V

お医者様でも草津の湯でも 恋の病は治らねぇ
恋の闇よりなお暗い 恨みの夜の稲妻に 姿が浮かぶ仕事人
顔は見ねぇでおくんなせぇ 心の闇を 晴らして見せやす

(声:中村梅之助)

◆次回予告
時代劇は、必殺です。

(01.3.1、葛西伸哉さんからの投稿です、ありがとうございました)
(次回予告…07.3.10、娯楽大使さんからの投稿です、ありがとうございました)

必殺橋掛人

十月十日に生を受け 七五三なら祝い事 もめ事 泣き事 勝負事
さらに加えて 弔い事 裏切り 騙され 棄てられる
疲れ果てたら おいでなせえ この世とあの世の橋掛けに そーっと送って さしあげやしょう

(声:中村梅之助)

(04.9.21、山城明人さんからの投稿です、ありがとうございました)

必殺仕事人V 激闘編

寂しさに宿を立ちいで眺むれば 空に真っ赤な雲の色 この世は真っ赤な嘘ばかり
嘘と悪とで押しつぶされた お前に代わって悪人どもを 真っ赤な血潮で染め上げましょう
仕事が済んだその上は これやこの行くも帰るも別れては 知るも知らぬもお前と私 仕事人の掟でござんす

(声:芥川隆行)

◆次回予告
時代劇は、必殺です。

(04.8.30、浅倉又一郎さんからの投稿です、ありがとうございました)
(次回予告…07.3.10、娯楽大使さんからの投稿です、ありがとうございました)

必殺まっしぐら!

天に二つの陽がないように 闇の世界も二つはいらぬ
江戸の二つの闇組織 どちらが勝つかサバイバル
まず かんざしの秀を消せ
暗闇指令の飛ぶ中を 秀 麻呂 東吉 桂馬のお銀 悪に向かってまっしぐら

(声:玉井孝)

(04.9.21、山城明人さんからの投稿です、ありがとうございました)

必殺仕事人V 旋風編 / 風雲竜虎編

雪に白鷺 闇夜に鴉 紛れ隠れる悪い奴
正直者は阿呆鳥 これじゃ理屈が合いません
世の中こんなもんだよと 諦めないで来て下せい
どこに居ようと探し出し 必ず仕留めてご覧に入れやす

(声:中村梅之助)

◆次回予告
<旋風編> 次回も必殺仕事人、よろしく。
(声:菅原昌子)
<風雲竜虎編> 必殺仕事人、頑張ります。
(声:三浦友和 八話のみ:村上弘明)

(04.8.30、浅倉又一郎さんからの投稿です、ありがとうございました)
(次回予告…12.8.5、娯楽大使さんからの投稿です、ありがとうございました)

必殺剣劇人

あの町この町陽が暮れて 世の中闇に沈む時 昼間隠れたお化けども 大きな顔で歩き出す
金、金、金の亡者たち 土地を喰ってる赤鬼や 権力ほしい青い鬼 どこかの国に似ています
あまりと言えばあんまりな 百鬼夜行の鬼どもをバッタバッタと斬り倒す ゲゲゲの鬼太郎 桃太郎
今度の必殺剣劇人 大人のお伽話です

(声:加賀まり子)

(01.3.1、葛西伸哉さんからの投稿です、ありがとうございました)

必殺仕事人 激突!

月は東に 日は西に 山のお寺の鐘が鳴る
あの町この町日が暮れて 今来たこの道 夜の底
悪人どもの目が光る 上下左右に前後ろ
次から次とあきれるほどに 浮かんで消える 毒の華
サルカニ合戦桃太郎 勧善懲悪 夢物語
あきらめるのはおよしなさい この世に悪がある限り あなたのそばに仕事人
きっと 恨みを晴らしてみせます

(声:徳光和夫)

(04.9.21、山城明人さんからの投稿です、ありがとうございました)

必殺仕事人2009

金は天下(てんが)の回り物
ところがどっこい近頃は 天下が金の回し者
金さえありゃとは申しませんが 情けがありゃとも申せません
きれいごとばかりじゃー とどのつまりの堂々巡り
どうやらどの世に生まれても こいつだけは許せねえ てな輩がおりますもので

(声:春風亭小朝)

必殺仕事人2012 (および2012以降)

あの世の地獄と この世の地獄 どちらも地獄にかわりなし
(おやおや) どっかで誰かが泣いてるかい そうかいそうかい そういうあんたにゃ他人事か

云わぬが花とは申されど ひとこと云わせていただきます
あんたが見るか おいらが見るか 誰かが地獄を見なけりゃ終われねえ
善男善女にゃ無縁の話で御座います

(声:市原悦子)

(16.1.1、ドラ霊夢さんからの投稿です、ありがとうございました)
サイトインデックスOPNA辞典トップ
(以下は下段項目へのリンクの都合上空けてるだけのスペース)