地域食材を使って  ふるさとの味と食文化の継承



田舎のお母さんの味。


「園部町つつじの会」は、園部町内で活動していた4つの女性加工グループと2名の「おふくろ名人」によって平成13年(2001)に発足しました。現在(平成24年)は、11名の会員が所属し活動しています。
平成15年に道の駅「京都新光悦村」がオープンしたのに合わせ、本格的な販売活動を開始しました。現在は12種類の食品を販売し、1日平均150食を売り上げています。旬の素材を使ったお弁当の他、巻き寿司や鯖寿司などの寿司類を始め、手打ちうどん、味噌、佃煮、漬物などを揃えています。また、弁当やオードブルの注文販売や配達も行なっています。京都府以外から訪れるリピーターも多く、「田舎のお母さんの味がする」と好評です。



安心・安全な食を提供。


南丹市を始めとした京都丹波地域は、丹波栗や黒大豆、壬生菜や水菜など多くの「京野菜」の産地です。つつじの会が使う野菜や米などの素材は、基本的に会員の田畑や地元でとれたものを使っています。普段自分たちも食べている素材なので、安心・安全なのはもちろん味も折り紙つき。素材に合わせたヘルシーで素朴な味付けは、「京のおばんざい弁当」の認定を何度も受けるなど大変好評を得ています。また、丹波高原マラソンや丹波くりまつりなど、様々なイベントへも積極的に出店しています。



農家と消費者をつなぐ。


高齢化や農家の後継者不足もあり、地域で田畑を維持しているのは年配の方が多くなっています。しかし、そんな皆さんは長年の経験に裏付けされた美味しい野菜作りのプロ。それぞれ生産規模こそ小さいですが、それでも旬の季節には自宅で食べきれないほどの農作物が実ります。それら旬のものをつつじの会で買い上上げ、加工して販売することで、農家も嬉しい消費者も美味しい関係が成り立っています。



地域の食文化を次代へ伝える。


日本には、お正月のおせち料理など春夏秋冬それぞれのすばらしい味があります。そんな豊かな食文化を受け継ぐ昔ながらの季節の料理も、時代とともに家庭で作ることが少なくなってきました。つつじの会では郷土の味を次世代へ伝えていこうと、京都丹波地域の特産物を使った「おばんざい」コンテストや料理講習会を開催しています。また、メンバーが講師となり、年2回行なっている鯖寿司の講習会や、子どもたちに向けた「食育」体験イベントなど、様々な活動も行なっています。




つつじの会の1日


素材はよく切れる包丁で手切りする方が、やはり味が良い。こだわっています。 うどんがきれいに打ち上がりました。つるつるしこしこ、美味しいですよ。 地元園部産ごはんが炊き上がったら、調味料を合わせて大量の酢飯を作ります。
手慣れた素早さで、数十本の巻き寿司とサラダ巻きを巻いていきます。 OPEN 仕上がった食品は、パック詰めしラベルを貼って道の駅の販売コーナーに並べます。休日には早々に売り切れも。 つつじの会の巻き寿司は、大人にも子どもにも人気です。まとめ買いする人もいます。
近くの企業から注文のあった日替わり弁当を盛り付けます。栄養バランスも配慮します。 本日は道の駅のイベントがあるので、それに合わせて白玉あんみつを作ります。 40個作った白玉あんみつも、10分ほどで完売。この後1:00には全ての作業が終了します。


History


平成13年(2001) 3月 園部町(現南丹市園部町)で農業生産加工に取り組む4つの女性加工グループと、2名の「おふくろ名人」により設立。
平成15年(2003) 7月 道の駅「京都新光悦村」を拠点に、本格的な販売活動を開始。
平成17年(2005) 11月 お母さんの手作りあったか弁当コンテスト開催。
平成18年(2006) 11月 丹波の秋みいつけた行楽弁当コンテスト開催。
平成19年(2007) 11月 南丹地域おばんざいコンテスト開催。
12月 ホームページを開設。
12月 京都府地域力再生事業を活用した「おばんざいコンテストレシピ集」を発行。
平成20年(2008) 3月 春の行楽シーズンに合わせて開発した「春のお弁当」が、「健康ばんざい京のおばんざい弁当」に認定される。
10月 「秋のお弁当」が「健康ばんざい京のおばんざい弁当」に認定される。
11月 南丹地域特産物一品コンテスト開催。
平成21年(2009) 4月 「丹波の花畑弁当」が、「健康ばんざい京のおばんざい弁当」に認定される。
10月 「田舎のイタリアン弁当」が「健康ばんざい京のおばんざい弁当」に認定される。
11月 南丹地域特産物一品コンテスト「米」開催。
平成22年(2010) 11月 南丹地域特産物一品コンテスト「おせち」開催。
11月 川本えこ講演会「野菜のもつすばらしさ」開催。
平成23年(2011) 8月 慶元まさ美講演会「野菜の上手な摂り方」開催。
11月 京都丹波特産物一品コンテスト「旬の地場野菜」開催。
平成24年(2012) 11月 慶元まさ美講演会「地元の野菜を使ったオリジナルレシピ!」開催。





園部町つつじの会の概要

設立 平成13年3月8日
園部の女性加工グループ4組織と2名のおふくろ名人により組織
現会員数 12名
部会 道の駅部会 加工部会
活動 本格活動 平成15年7月17日から
道の駅部会 道の駅定休日(月曜日)以外 活動
出勤 通常午前7時
陳列 午前9時
早出・遅出交代 30分前
イベント時等は時間を決めて全員出勤
出務表については、前月20日までに作成し、配布
弁当等の出張販売  土・日・月除く毎日
12:00〜12:30
イベント等の積極的な参加
加工部会 白味噌          11月〜
黒豆味噌         2月〜
特産品を作った加工品作り 随時
販売品 太巻き・サラダ巻き・ちらし寿司・漬物 ・押し寿し・細巻き寿司・白味噌・黒豆味噌 ・うどん・サラダうどん・弁当 ・おはぎ・白餅・あん餅
販売額 2,400万円/年(平成18年度ベース)
原材料の調達 会員・(財)園部町農業公社より購入
野菜 会員・道の駅 Aコープより地元野菜を中心に購入
その他資材 地元業者、業務スーパーより購入
加工施設 面積 64平方メートル
備品 製麺機・ガスレンジ台・発酵機 ・調理台・煮釜・冷蔵庫等