本文へスキップ

美山町自然文化村 河鹿荘 Miyama Town Nature Cultural Village   
 ■河鹿荘よりお知らせ
平素より美山町自然文化村 河鹿荘をご利用いただき誠にありがとうございます。
この度、誠に勝手ながら2017年4月より宿泊料金の価格改定をさせていただきます。
詳しい変更内容については「ご宿泊ページ」よりご確認いただけます。
 
 ■美山エコツーリズム大会が開催されます。
12月3・4日に美山エコツーリズム大会が開催されます。
日本の農山村の原風景、かやぶきの里は、ほかにはない里山の風景と慎ましい暮らしが息づいている。風景は、そこに住む暮らしの文化が形づくります。伝統行事、農耕、狩猟、漁、森の材の活用、相互扶助の仕組み(てんごり)など、自然と共存した「感謝」と「共生」の文化がそこにはあります。美山でのエコツーリズムはまさに日本の文化の体験です。
詳しい大会内容はオフィシャルホームページをご覧ください。
 
■冬の美山を訪ねる日帰りバスツアー
冬の厳しくも美しい美山の風景を見たいけど、「泊まりはなかなか予定が取れない!」という方には、
日帰りバスツアーがおすすめです。京都駅からの送迎付きで雪道も安心してお越しいただけます。
ご夕食には、冷えた体も温まるボタン鍋付きのお料理をご用意しました。
詳しい内容、見どころはコチラからどうぞ
 
 ■飲みすぎ注意!?ジビエ料理×どぶろく「京都美山どぶろく満喫ツアー」
美山町を含む南丹市がどぶろく特区のまちとして認定され、河鹿荘手作りのどぶろく「雪しづり」を発売しました。
このツアーでは、新米と美山の水で丹念に仕込まれたどぶろく「雪しづり」を満喫していただくべく
どぶろくがどのように作られているかを知っていただき、昼食には美山鹿を使ったジビエ料理をご用意しました。
もちろんどぶろくは飲み放題となっております。京都駅から送迎付きですので、いつもハンドルを握る方もこの日は飲めます!
〈詳しい内容はコチラ〉
※未成年の方は参加できません。京都駅までは送迎付きですが、飲酒運転は絶対におやめください。

 
 ■レストラン河鹿荘特製「おせち」ご予約承ります!
毎年好評を頂いております、河鹿荘特製の「おせち」のご予約を今年も承ります。
本年のご愛顧にお応えして、こだわりと感謝の気持ちを込めてレストラン河鹿荘料理長が作る
手作りのお節料理です。梱包はできる限りシンプルにし、食材の質にもこだわっております。
また、新たに数量限定で正月限定ラベルのどぶろく「雪しづり」や真鯛の塩焼きのご予約も賜ります。
〈詳しい内容はコチラから〉
※写真はイメージです。
 
 ■雪の美山をネイチャーガイドと歩く!「美山のスーシューハイク2017」
毎年好評を頂いております人気ツアー「スノーシューハイク」の2017年のスケジュールを公開しました。
冬までに様々な動物や植物たちの姿を見せてくれた美山の里山の自然が、冬には一面雪におおわれます。
そんな雪の美山を、雪道安心の京都駅送迎付きでネイチャーガイドと共に歩くことができるツアーです。
〈詳しくはコチラ〉
 
 ■まるで水墨画のような風景!冬の美山を訪ねる1泊2食付バスツアー
毎年好評を頂いております、冬の送迎付き宿泊プランを来年も開催いたします。
遠方からでも訪れやすい京都駅からの送迎付き宿泊プランとなっております。
↓詳しくはコチラからご確認いただけます↓
ウインタープラン特設ページ
 








冬の送迎付き宿泊プラン





スノーシューハイク




















美山ふるさと株式会社

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                。                                                                                                                             

s