ennai 風流な手づくりの宿・昔なつかしの味
宿苑 勘 兵 衛

勘兵衛の苑内で見られる景色等をご紹介します。
あなたも是非、貴方だけの『勘兵衛十景』を見つけに来てください。。

←くずや葺きと呼ばれる母屋。
  (正面より)




竹の根っこを使ったり、
柿渋で色付けされた照明等
主人の手づくりの調度品に出合える
母屋の屋根裏部屋。
合掌づくりの内部が見られます。


お食事処「我楽苦多」に掲げられている
看板を見て、主人に会いたい..
というお客さんも…。






←絵を書く人も見受けられる
タイムスリップしたかのような
風情の火焚き小屋。
小さな山小屋の中にある囲炉裏。→
(注;かやぶきの母屋の中に
囲炉裏はありません)
←今は使われていない井戸。
水は枯れずに貯まっています。
家の前を流れる水路。→
夏は涼しく、足を浸けたり…。
もちろん野菜も洗えます。

手づくりの燈篭や猪脅しが設えられた
小池は苑内に2箇所。







←池を上の通路から望む。
初夏には紫陽花が見事です。
真夏には夏の女王;百日紅
(さるすべり)が、秋にはコスモスが
満開に…。→





かやぶき屋根に映える梅もどき。
←有機野菜を作っている畑は
苑内の一番奥。
母屋の縁先にある蹲(つくばい)→
には山の水が流れ込んでいます。

home tayori ryokin access ippuku suisya mail