平屋振興会

平屋八景と見どころ

重要文化財 『小林家』


江戸時代末の豪農の家屋や屋敷構えを今に伝える貴重な存在。昭和50年に重要文化財の指定を受けました。

美山町下平屋

平屋八景 観光マップ@

小林家
  

平屋大橋


由良川をまたぐ赤橋は国道162号線の美山の玄関口。一部は都市との交流ゾーンで四季を問わず行楽客で賑わいます。

美山町安掛
平屋大橋
  

秀峰 白尾山


白尾山は美山の中心地点で、平屋・知井・鶴ヶ岡の境界に位置する標高748.5mの三等三角点を有する明峰です。

美山町内久保
秀峰 白尾山
  

蓮如の滝


集落から直接眺められる珍しい滝。蓮如上人が打ち久保に逗留した時、対岸に見える滝を愛でられ、寺の建立を発願。滝見山光瑞寺の基となりました。

美山町内久保
蓮如の滝
  

平屋富士と平屋公園


南北に流麗に稜線を引く姿から平屋富士と呼称されています。麓の平屋公園は堂山とも称され毘沙門天像や蚕の慰霊碑などを祀っています。

美山町野添
平屋富士

茅葺きの民家と深見寺


母屋・小屋が茅葺きで井戸が残っている貴重な存在。またお寺で屋根が茅葺は珍しく、特に春の桜の頃は絶景です。

美山町野添
深見寺

百日紅の道


深見トンネルから平屋大橋までの間に100本の百日紅を植樹、夏から秋にかけて長く花を咲かせる樹木で新名所の期待が膨らみます

美山町深見
百日紅の道

西乗寺と三尊仏


境内のお堂に重要文化財の三尊仏が安置されています。平安末期か鎌倉初期の製作で地域の貴重な遺品です。

美山町下平屋
西乗寺

国体記念公園


昭和63年に開催された京都国体で、美山町で自転車ロードレースが実施されました。このとき、「町民総参加によるひらかれた国体」を目標に、会場の整備や選手・役員の民宿受け入れなど、町民を挙げた取り組みが行われました。まさに町民大車輪の奮闘でした。
 これを記念して、コースの最大の難所ともいえる九鬼ヶ坂峠の頂上付近に作られたのがこの公園です。「新しい歴史に向かって走ろう『町民大車輪』」の記念碑や、京都国体のシンボルキャラクター人形が設置されています。ドライブで着かれたときには、車を止めて休んでください。
 地元の老人クラブはじめ住民の方々の力で美化作業が行われています。公園の美化に協力をお願いします。

美山町上平屋
国体公園

さわやか
ボランティアロード


国道162号線の深見トンネルは、京都市と南丹市の市境、桂川(淀川)水系と由良川水系の分水嶺。トンネルを出て急な坂道(百日紅の道)を速度に注意しながら一気に下ると、やがて見えてくるのが深見集落。ここに手入れの行き届いたボランティアロードがあります。駐車スペースもあり、車を降りて対岸に渡ると東屋もあり、川に降りて足を冷やすこともできますよ。

美山町深見
ボランティアロード