平屋振興会

平屋の素材を使った料理

ブルーベリータルト

レシピ印刷は
こちらから
ブルーベリータルト
材料(4個分) タルトレット
・バター 50g
・砂糖 20g
・塩 少々
・卵 1/4
・薄力粉 100g
・バニラオイル 数滴
・グラニュ―糖 少々
カスタードクリーム
・薄力粉 20g
・砂糖 30g
牛乳 120cc
・卵黄 1ヶ
・バター 5g
・バニラオイル 少々
生ブルーベリー or 冷凍ブルーベリーの解凍
作り方 1.カスタードクリームを作る
@薄力粉をふるいにかけて、砂糖を合わせて牛乳を入れ、泡立て器で混ぜる。中火にかけてよく混ぜる。ゴムべらに変えてとろみが出てきたら、焦げ付かないように弱火にする。
A火から下ろして卵黄を加え、よくかき混ぜる。弱火に再度かけ、火を通し、よくかき混ぜる。火から下ろしてからバターを加えて混ぜる。バニラオイルを数滴落とす。
2.タルトレットを作る
@ボールにバターを入れ柔らかくし、砂糖を加え、泡立て器でまぜる。薄力粉をふるいにかけておく。
A塩を加え、卵を加え混ぜる。薄力粉を2回に分けて加え、バニラオイルを加える。ボール状にまるめ、ビニール袋に入れ、10分おく。
B麺棒で5oの厚さにのばし、油を塗ったタルト型にぬいてはめ込み、型に指先で押さえてつくる。底にフォークの先で穴を5〜6ヶあける。
Cタルトレットに大サジ2杯のカスタードを入れ、表面を平らにし、周りにブルーベリーを二重に並べる。グラニュー糖を、その上に小サジ1杯ふりかける。
D210°に熱したオーブンで20分焼く。
料理のポイント ブルーベリーをたっぷり使い、カスタードとの甘酸っぱさがちょうどマッチングする。カスタードがなめらかにできるように、火から一度下ろして卵黄を加える。タルトは一晩寝かせなくても形がくずれずできる。

 

  

天然酵母によるヨモギ餡ロールパン

レシピ印刷は
こちらから
天然酵母によるヨモギ餡ロールパン
材料(8個分) ○国産小麦 300g
○天然酵母パン種※1 160g(約80gご飯を含む)
○三温糖 15g
○塩 3g
○菜種油(地元産)
○水 80cc
○茹でたヨモギ※2 50g
○こしあん※3 160g
※1 楽健寺法による天然酵母菌を、御飯(地元コシヒカリ)を中心に、ほぼ等量の人参、山芋、リンゴ、と若干の三温糖、塩で培養したもの
※2 茹でて冷凍保存したもの
※3 屑の丹波大納言から作ったこしあん
作り方 1 パン焼き器の天然酵母モードで生地材料をミックスし、1次発酵を2時間30分。
2 パン焼き器から生地をとりだし、8分割して丸め、ベンチタイム10分。
3 丸く薄く延ばし、1個あたり、こしあん20gを塗り、くるくるロールに巻き、合わせ目をつまんで閉じる。
4 中央にナイフを入れ、切り目を開き、合わせる。
5 それを40°Cで2次発酵を2時間。
6 オーブンで120°Cにして30分焼く。
料理のポイント  パン生地をこねるのは面倒で、粉が飛ぶので、ホームベーカリーを使った。できるだけ地元の食材を使うように心がけたので、食糧自給率が100%に近い。天然酵母を使っているので時間をかけて様子を見ながら発酵する時間を調節することが必要。高温で焼くと酸っぱくなるので、低温で時間をかけて焼いた。

 

  

黒豆入抹茶パウンドケーキ


平成22年度「平屋の食材を使った料理コンテスト」優秀賞
レシピ印刷は
こちらから
黒豆入抹茶パウンドケーキ写真右
材料
(パウンド型1台分)
・小麦粉 150g
・卵 3個(外田さんの)
・バター 100g
・さとう 150g
・抹茶 小サジ2
・ベーキングパウダー 小サジ1
・黒豆 適量(下平屋産)
作り方 @あらかじめ常温に戻しておいたバターをよく練る。
Aさとうを加え、白っぽくなるまで練る。(泡立て器を使うと早い。)
B常温にあたため、ときほぐした全卵を少しずつ加え、練る。
Cふるっておいた小麦粉、抹茶、ベーキングパウダーを加えて混ぜる。
D黒豆をいれて、さっくり混ぜ合わす。
E型の内側にバターを塗り、強力粉をふりかけておく。
F型に生地を流し入れ、平らにする。
G200°に熱したオーブン下段に入れ、5分焼く。170°に下げ、35分から40分焼く。
料理のポイント ・お正月用に煮た黒豆のあまりを再利用。(黒豆はふっくらたき上がっている方がよい。
・抹茶とよく合い、和風のパウンドケーキが失敗なくでき上がります。

 

  

クランブルケーキ

レシピ印刷は
こちらから
クランブルケーキ写真左
材料(15×25cm) ☆生地用
○小麦粉 75g
○卵 小2個
○バター 75g
○砂糖 50g
○ベーキングパウダー 小サジ1/2○ブルーベリージャム 100g(適量)
☆クランブル用
○小麦粉 35g
○グラニュー糖 15g
○バター25g
作り方 ☆クランブルを作る
@ボールにグラニュー糖を入れ、バニラエッセンスを2・3滴たらす。ふるった小麦粉を混ぜる。
A1cm角に切った冷えたバターを切り込むように混ぜる。
B細かくなったら、指でポロポロにし、バットなどに広げて、冷蔵庫で休ませる。
☆生地を作る
Cバターをクリーム状に練り、砂糖を加えて白っぽくなるまでよく混ぜる。
D卵を少しずつ入れ、よくまぜる。(バニラエッセンスも)
E小麦粉とベーキングパウダーをふるいに入れ、切るように混ぜる。Fクッキングシートを敷いた天板に広げ、ジャムを全体に塗り、クランブルをのせる。
G180°Cに熱したオーブンで25〜30分焼く。
料理のポイント ○自家製のブルーベリージャムを使用。添加物の入らない安心して食べられるジャムをたっぷり!クランブルでちょっとおしゃれなケーキに!!

 

  

野菜シフォン


平成22年度「平屋の食材を使った料理コンテスト」優秀賞
レシピ印刷は
こちらから
野菜シフォン
材料(4人分) 卵黄 4個分
砂糖 30g
サラダ油 大4
豆乳 100cc
(A)米粉 100g ベーキングパウダー 小2
(B)卵白 6個分 砂糖30g
かぼちゃピュレ 大4
えんどうピュレ 大4
にんじんピュレ 大4
作り方 (下準備)
・野菜(かぼちゃ、えんどう、にんじん)をゆで、ミキサーにかける。
・オーブンは180°に温めておく。
(作り方)
@ボールに卵白を解きほぐし、砂糖を2・3回にわけて加えてしっかり泡立てる。(B)
A別のボールに卵黄を入れて溶きほぐし、泡立て器でかるく混ぜてから、さとうを加えてなめらかになるまで混ぜる。
BAにサラダ油を少しずつ加えながら混ぜ、さらに豆乳も加えてよく混ぜる。
C合わせておいた(A)をBのボールに2・3回に分けてさっくりと全体に混ぜ合わせる。
DCにメレンゲを2回に分けて加え、メレンゲの泡がつぶれないようにゴムべらでさっくり混ぜ合わせる。
EDをボールに3つに分けて、野菜ピュレ(かぼちゃ、えんどう、人参)をいれる。
Fシフォン型に3段の層になるように順番に流し入れる。
G180度に温めて老い田オーブンで約20〜25分程度焼く。
H完全にさましたら型を外す。
料理のポイント 自家製の野菜、米を使った。
野菜ぎらいな子供たちにも食べやすく。

 

  

和風ケーキ

レシピ印刷は
こちらから
和風ケーキ
材料(4人分) モチ米の粉 50g
片栗粉 25g
卵 4個
砂糖 60g
よもぎ 70g
甘納豆 60g
シナモンシュガー 少々
塩 小さじ 1/2
作り方 @モチ粉と片栗粉を合わせてふるっておく。
A卵をハンドミキサーで泡立てる。
B砂糖を3回位に分けて加え、混ぜる。
Cよもぎは、冷凍してあったのを解凍し、ミキサーでよく攪拌してBに加え、よく混ぜる。
D型に生地を流し入れ、オーブンで焼く。
E焼き上がったら、シナモンシュガーをふりかけて仕上がり。
料理のポイント ◎モチ米の粉ので、卵を普通のケーキより1個多く使った。
◎よもぎもたくさん冷凍したのがあったので、使ってみました。
◎シナモンシュガーのほのかな香りと自然食品のヨモギの効能がおすすめです。

 

  

赤飯

レシピ印刷は
こちらから
赤飯
材料(4人分) ○もち米 5合
○小豆 2合(色付けする為多目の分量です)
調味料(1 酒 cup1/2弱 2 みりん cup1/2弱 3 塩 大さじ1/2 4 煮汁 cup1/2)
作り方 @小豆 一度目のゆで汁は捨てる。二度目はたっぷりの水でゆでる。ゆで上がったら煮汁と小豆は別々に取りわける。
Aモチ米を洗い、さめた小豆の煮汁に一晩漬ける。
◎小豆の煮汁は(色づけ分,蒸す分)とに分け、たりない分は水を加える。
B蒸す 一度目は水切りしたもち米25分程むす。二度目は飯ぼうにもち米を移し、調味料を混ぜる。小豆は適量加える。再度蒸し器に入れ、20分程むす。
Cむし上がったら飯ぼうに入れて、全体をほぐし器に盛りつける。l
料理のポイント 小豆のゆで加減 胴割れしないように気を付ける。
味付けは好みによりますが、塩加減がよいと美味しいのでは。

 

  

里いもコロッケ

レシピ印刷は
こちらから
ブルーベリータルト
材料(4人分) 里いも 300g
さつまいも 100g
人参 1/2本
ネギ 2本
シーチキン 小1缶
パセリ 適量
卵 1個
カレー粉 小さじ1/2(好みで)
パン粉 大さじ5
小麦粉 大さじ3
塩、コショー、ナツメグ 少々
揚げ油 適当
作り方 @里いも、さつまいもは皮をむいてやわらかくゆでつぶす。
A細かめの四角に切ってゆでてさます。
Bネギは小口切りにする。パセリも細かく切る。
C里いも、さつまいも、人参、ネギ、シーチキン、パセリをボールでよく混ぜ、塩、コショー、ナツメグをふりかけ、よく混ぜて形を整え、小麦粉、溶き卵をつけ、パン粉をつけて油で揚げる。
料理のポイント ◎野菜嫌いの子供さんでもコロッケにすると食べられるのではないでしょうか。
◎里いもにさつまいもを加えることで、食べやすく、旨味も増すのではと思って作ってみました。
◎玉ねぎの代わりにネギを入れたこと。
◎野菜をいろいろ使っているので、体によいと思う。

 

  

里芋のカレー煮

レシピ印刷は
こちらから
里芋のカレー煮
材料(4人分) 豚挽き肉 200g
里芋 500g
玉ねぎ 200g(中1個)
にんにく 1かけ
しょうが 1かけ
グリンピース 50g
サラダ油 大4
カレー粉 大1
トマトジュース 200cc
塩 小1
胡椒 少々
作り方 @里芋は皮をむき1口大の大きさに切り、玉ねぎとしょうがは細かくみじん切りにして、にんにくはすりおろしておく。グリンピースは色よくゆでておく。
A鍋にサラダ由を大さじ2入れ、里いもを入れ、周りが色づいてきたら取り出す。
BAの鍋に残りの油を入れ、豚ミンチ、玉葱、にんにくを入れよく炒め、そこに生姜、カレー粉を加え、さらに炒める。
CBの鍋にトマトジュース、塩を加え、5分くらい煮、里芋を戻し入れ、汁が絡む迄弱火で煮込む。
D最後にグリーンピースを入れる。
料理のポイント 秋に採れたての里芋を使うのがベスト。

 

  

大内蕪のかぶら蒸し柚子盛り

レシピ印刷は
こちらから
大内蕪のかぶら蒸し柚子盛り
材料(4人分) かしわ 200g
えび 8尾
生しいたけ 3〜4枚
にんじん 30g
ゆり根 1個
きくらげ(大) 1個
三つ葉 1把
○煮汁(塩 少々、だし汁 カップ1/2、酒 大さじ1、みりん 大さじ3、薄口しょう油 大さじ1と1/2)
○かぶらおろし(かぶ 4個、卵白 1個、酒 大さじ1、塩 少々)
○とろみあん(だし汁 カップ1/2、酒 大さじ1/2、塩 小さじ2/3、薄口しょう油 少々、片栗粉 大さじ1/2)
作り方 @かしわを一口大に切る。
Aえびは背わたを取り、塩少々の熱湯でさっとゆでる。(かわもむく)
B生しいたけ、にんじん、きくらげ(水にもどす)、それぞれ千切りにする。
Cゆり根は一枚ずつはがし、酢少々加えた水からさっとゆでる。
D煮汁を一煮立てしてから、@からCの具を混ぜないように並べ入れ、中火で煮る。2cmほどに切った三つ葉を入れて火を止め、4人分の器に等分に入れる。
Eかぶは皮をむいてすりおろし、(ざるに)水気を切り、卵白、塩、酒を加えてよく混ぜ合わせる。
FDの器にEのかぶらおろしを等分にかけ、湯気の立った蒸し器に入れて強火で7分位蒸す。
G蒸している間にとろみあんの材料を弱火にかけ、混ぜ合わせながらとろみをつける。
H蒸し上がったかぶら蒸しに熱いとろみあんをたっぷりかけ、わさび柚子を天盛りにし食べる。
料理のポイント 自分で作った柚子を乗せて一緒に食べるのがみそ。

 

  

かぼちゃコロッケ


平成22年度「平屋の食材を使った料理コンテスト」最優秀賞
レシピ印刷は
こちらから
かぼちゃコロッケ
材料(4人分) かぼちゃ 1/4(250g)
じゃがいも(同量)
玉ネギ 1/2
人参 50g
コーン 60g
ミンチ 100g
スモークチーズ
作り方 ・かぼちゃとジャガイモを塩ゆでにしてつぶす。
・玉ネギ、人参をみじん切りにしてミンチと一緒に炒める。コーンも入れて炒め、塩・こしょうする。
・つぶしたかぼちゃとじゃがいもの中に、炒めたミンチを入れて、小麦粉、玉子、パン粉をつけて油で揚げる。
(コロッケの中にスモークチーズを入れて包んでもよい。)
※コンテスト審査ではスモークチーズが評価されました。
料理のポイント たくさん採れたかぼちゃや、なかなか食べられず、そうかといって置いておくといたんだりするので、かぼちゃのコロッケを作って冷凍にしておくのもいいです。
料理のポイント ブルーベリーをたっぷり使い、カスタードとの甘酸っぱさがちょうどマッチングする。カスタードがなめらかにできるように、火から一度下ろして卵黄を加える。タルトは一晩寝かせなくても形がくずれずできる。

 

  

水菜と大根サラダ

レシピ印刷は
こちらから
水菜と大根サラダ
材料(4人分) 水菜 60g
大根 100g
人参 70g
ササミ 50g
黒豆ポン酢
作り方 ササミは塩ゆでする。
水菜・大根・人参は千切りにする。
ササミと千切りにした野菜を入れてポン酢であえる。
料理のポイント 冬に野菜がない時に水菜と大根や人参は冬場でもあるので手軽にサラダが出来ます。

 

  

しその実つくだに

レシピ印刷は
こちらから
しその実つくだに
材料 しその実 500g
砂糖 大サジ5
しょう油 大サジ15
料理酒 大サジ4
みりん 大サジ3
ちりめんじゃこ 40g
作り方 調味料をなべに入れ、沸騰したところへしその実、ちりめんじゃこを入れて中火で汁がなくなるまで煮る。