はぎの里公式ホームページ。京都府南丹市にあるはぎの里では総合老人福祉サービスを提供しています。
   初めての方へ介護保険とは施設取り組み施設内研修採用案内お問い合わせ
  施設内研修 | はぎの里では、職員の能力向上の為の研修を実施しております。
 介護基礎技術 ~食事介助について ~ 

食事とは
 私たちは生きていくために、栄養をとらないといけません。しかし、年を重ねるにつれて食べ物の味や臭いを感じる感覚が低下し、飲み込む力も弱くむせる事が多くなります。また内臓の機能も衰えるため、栄養を消化吸収する胃腸の働きが鈍くなり、十分な栄養を取りにくくなってきます。それでも「口から食べる」ことで五感が刺激され、食べる意欲や食べる楽しみ、食べる喜びが得られます。消化・吸収等の諸器官をつかうことで免疫機能が活性化され、病気を予防したり、病気から回復する力をつけることにもなります。

食事の目的
①生命の維持・栄養の確保
 食欲は健康状態や生活意欲を反映し、食事の摂取状況をみる事で病気や移乗の発見をすることも出来る。
②人との交流
 他の人たちと同じテーブルを囲み食事をすることで、人間関係の形成に役立ったり食事がおいしく感じられることがあります。
③食べる楽しみ
 単調な生活の中では、食べる事は大きな楽しみの一つです。生活にリズムを作り季節感も感じられ、また、食べる事により心理的な満足が得られます。

摂食のプロセス・嚥下障害
①先行期 ≪食べ物を認知する段階≫
 認識障害・・・食べ物を食べ物と認知できなくなったり、食べる方法を忘れてしまう。
②捕食期 ≪口の中に取り込む段階≫
 捕食障害・・・食べ物を口の中に取り込む際に唇や舌の麻痺があると唇を閉じられないために口からこぼれ落ちたり、口腔内を陰圧にできず飲み込むことが困難になる。
③咀嚼期 ≪食べ物を食塊にする段階≫
 食塊形成障害・・・食べ物を飲み込みやすい食塊にする際に、正常な場合では頬粘膜が歯芽の頬側に付き舌が舌側に付くことによって自然と食べ物が歯と歯の上に乗り噛むことが出来るが、舌や頬粘膜に麻痺があると頬や舌の間に落ちてしまい噛むことが困難になる。
④口腔期 ≪食べ物を咽頭に移動する段階≫
 食塊移送障害・・・飲み込む際には、正常では舌の中央が凹になり食塊をまとめて喉に送り込みますが、麻痺により舌に凹ができず食塊がまとまりずらくなったり、舌が挙上せず喉への送り込みが困難となる。
⑤咽頭期 ≪飲み込む段階(嚥下反射)≫
 咽頭通過障害・・・嚥下時に飲み込むタイミングがずれて、気管に入ってしまい嚥下をおこす。
⑥食堂期 ≪胃まで運ぶ段階≫

食事前の準備
・手洗い、手拭、消毒をすませておく。
・排泄を事前に済ませて、スッキリした気分で食事がとれる様にする。
・エプロンをつけてもらったり、濡れタオルなどを用意する。
・握りやすいスプーンや箸といった自助具などを用意して、なるべく自力で食事できる環境を整える。
・寝起きの場合は、意識がハッキリした状態になるのを待つ(静養されている場合は、食事の直前に起こすことはせず、早めに声かけなどをして準備をしておく)

食事の姿勢
 椅子などに座って食べるときは、顎を引きぎみにします。座位がとれないときには、背もたれの角度を利用者にあわせて30~90度にし、枕やタオル等を使い、顎を引いた姿勢がとれるようにします。片マヒのある利用者の場合は、マヒの無い側を下にした側臥位になり介助者は、マヒの無い側から介助します。

・頚部伸展位…咽頭と気管の角度が少ない為、食物が気管に入りやすい。
・頚部前屈位…咽頭と気管の角度がっき、食物が気管に入りにくい。

介助の仕方
・意識がハッキリしているか確認する。
・介助者の目の高さは、利用者と同じ高さにし(咽頭の挙上確認)正面ではなく横に座る。
・片マヒがある場合は、マヒの無い側から介助する。
・食事内容を目で確かめられるように工夫する。
・食器や箸等はいつも同じ位置に配置し、クロックポジションをつかって説明する。
・唇の幅より小さいスプーンに213くらい食物をのせ、下から口元へ持っていきスプーンの半分くらいを口の中に入れ、上唇に食物がついたら利用者自身の唇で取り込んでもらい、まっすぐにスプーンを引く。
・高齢者は唾液の分泌が少ないため、食べ始めは液体で少し口内を湿らせて咀嚼、嚥下しやすいものから食べる。必ず咽頭挙上を見ながら飲み込みを確認して、次の一口を入れる。
・利用者の食べるペースと、その方に応じた一口量を厳守する。

症状別の介助
*食事を拒否する場合の介助
○主な原因
食事に関心が持てない、食事環境に変化が多い、食事やその場に不快感がある、食事内容に不安がある、食事行為に恐怖がある、食事にストレスがある、介助を拒否しているなど
○介助の工夫
・リラックスできる食事場面や雰囲気を整えましょう(あせらず、ゆったりした気持ちで介助する)
・介助者の態度は、明るく笑顔での声かけを心がけましょう
・食事の品数を多くしないようにしましよう
・食事に時間をかけましょう(ただし一時間以内)
・食事中の過剰な声かけを控えましょう
・他人や周りを意識させないように配慮しましょう

*自分から食べようとしない場合や、食事への意欲がない場合の介助
○主な原因
食事以外に気になることがある、介助者への依存心が強い、睡眠が十分に取れていない、食べる意識や食事への意欲がもてない、食事内容が好みに合わない、生活リズムに乱れがあるなど
○介助の工夫
・繊細な心情を十分に配慮し、暖かく見守りながら焦らず根気よく介助する
・水分や汁物から摂取してみましょう
・嗜好品など、好みのものから一品ずつ介助をはじめてみましょう
・おにぎりやパンなど手でつかんで食べられる形態にして見ましょう
・使っている食具の見直しをして使いやすいものに変えてみましょう
・食事の場所(景色の良い窓際など)を変えてみましょう
・介助者の位置や高さを変えてみましょう
・無理に急がす様なことはしないようにしましょう

*食事中に口の中に食物が残ったまま眠ってしまう方への介助
○主な原因
身体機能の衰え、覚醒状態の維持が困難、食事環境や食事量の負担、摂食機能の低下、疲労度が大きい、食事行動がとれない、自分の世界に入りやすい、周囲に順応しない、気分転換がうまくいかない、薬の副作用など。
○介助の工夫
・一度にたくさんだべることができないので、食事と食事の間にも水分や嗜好品を摂るようにしましよう
・食事中に時々背中等をさすりましょう
・声かけは耳元でおこないましょう
・身体が傾いてしまった場合には・ゆり動かさず姿勢の崩れをなおしましょう
・食事中に深呼吸や、両腕の軽い運動をしてみましょう
・一回の全体の食事量は、少なめにしましよう
・食事時間を長引かせないようにしましょう
・目が覚めた後には、水分と主食を中心に食べてもらいましょう
・水分は、香りのあるもの(ほうじ茶、玄米茶など)をすすめましょう

*食事が止まった場合の介助
・顎の下を前後に軽くさすります。またはスプーンで舌を軽く押して引くときに上唇に軽くふれます。これにより再びパクパクする動きが見られることもあります。
・飲み込みやすいものと飲み込みにくいものを交互に食べられるように配分したり(食物→水分→食物)間にトロミなしの冷たい水やお茶をティースプーン一杯くらい与えて、口を潤してみましょう。






前の画面へもどる

はぎの里のサービスご紹介 介護サービスの利用の流れ 各事業所の取り組み、行事案内 はぎの里での研修 職員募集について
HOME
サイトマップ
法人概要
事業案内
はぎの里広報
情報の公表
個人情報保護
お問い合わせ
アクセス
リンク

Copyright © 2009 HAGINOSATO. All Rights Reserved.