江和ランドのfacebookはこちら





 代表 大野安彦   苦節十年目にして実ったブドウと

観光農園 江和ランドは代表 大野安彦が、もともと竹藪だった
河原の土地を自ら切り開き設立しました.

もともと郵便配達員だった大野は脱サラをし、生まれ育った
美山町江和に夢をかけることになったのです.

自然と人間、都会と田舎、その接点と矛盾
食の安全、地産地消、・・・

江和ランドで過ごす豊かな時間の中で、人間にとって大切な
ものは何かを感じ取って頂けたら幸いです.

「豊かな自然 ほどよい貧乏 人の愛 これさえあれば子は育つ」

こんな文章を読んだことがあります。荒れている世の中だからこそ、
このことが必要だと思います。









江和ランドの今昔