ホーム/芦生の自然

芦生の自然

京都大学フィールド科学教育研究センター森林ステーション芦生研究林


芦生研究林は京都府の北東部、由良川の源流に位置し、福井県と滋賀県に接しています。
関西屈指の自然林が残る約4,200ヘクタールの森は海抜355メートルから959メートル(三国岳)に至ります。
その植生は暖温帯から冷温帯にまたがり、天然林は様々な要素の種から構成され、種類数の多いことがこの森林の特徴となっています。

研究林内には多種多様な動物が生息し、昆虫や小動物、ニホンカモシカ、ニホンツキノワグマなどが確認され、ツキノワグマがスギ樹皮をはぐいわゆる“クマはぎ”の対応に苦慮しています。
特別天然記念物のオオサンショウウオや、5~6月には川沿いの枝にモリアオガエルの白い“卵のう”も見られるなど、多くの両性類や魚類も生息しています。

芦生の森のデータファイル

芦生の森(京都大学芦生研究林の面積)
4、185.74ha(京都御所は約65ha)
標高最高地点 959.0m 三国岳
標高最低地点 355.0m 研究林事務所構内
研究林内の由良川本流最長河川長 約21km
4、185.74ha(京都御所は約65ha)
最高気温
39.0℃(芦生観測所 標高355m)
35.5℃(長治谷観測所 標高640m)
最低気温
-19.5℃(芦生観測所)
-20.0℃(長治谷観測所)
シーズン最大積雪深
190cm(芦生観測所)
315cm(長治谷観測所)
シーズン最長積雪日数
110日(芦生観測所)
149日(長治谷観測所)
降水日数173日(芦生観測所)
※同年において京都市左京区にある本部試験地では107日
確認されている木本植物の種類 243種
確認されている草本植物の種類 532種
確認されているシダの種類 85種
確認されている鳥 33科111種
保存林10ヶ所
長治谷、桝上、ヒノキ、ケヤキ、トチノキ平、宮ノ森、中山神社、小中山、ブナノキ東谷、オホノ谷
保存木12種17本
ユクノキ、メグスリノキ2本、ケヤキ、カツラ2本、ブナ、スギ3本、イイギリ、ミズナラ、コウヤマキ、カヤ、アスナロ、ヒノキ2本
最高樹高
40.5m ケヤキ
第5林班 ケヤキ保存林内
胸高直径112.2cm(昭和59年)
最大胸高直径
320.0cm カツラ
第16林班 下谷の大桂
樹高37.5m(昭和59年)
京都府下第3位の巨木
ニホンツキノワグマの推定生息数 最低30頭以上